人生はいろいろの本当の意味

普通の日記




どうも!ノブオです。

お酒飲んでます。

いきなり真面目なタイトルから入りましたが、このブログは自分のその日思ったことや、今思っていることを書くブログですので、ご了承ください。

僕はどちらかというと、良い人生を送ってきたと思います。というか、悔いのない人生を送ってきました。

ざっと、僕の半生を書きますね。



誕生前

まず、生まれる前。

母親が言うには、お医者さんに「この子は産むのを諦めてください。」とまで言われたそうです。

と、いうことは、生まれる前から既になんらかの障害があったのでしょうね。

それでも母は産んでくれたのですが、生まれた頃から病気がちで、大病ばかりしていました。

幼稚園は病気でほぼ半分は不登校(というのかな?)。友達もいなく、幼稚園に行けばいじめられていました。

いじめられていた原因は、僕の目にあります。

「斜視」というのをご存知ですか?

僕は2歳のときに、「髄膜炎」にかかり、右目が斜視になりました。

左右の目の焦点が合わなく、相手からしてみればどこを見ているかわからない目です。

〇リー伊藤さんといえばお分かりいただけますでしょうか。同じ感じです。

で、いじめは小学校低学年まで続きます。

もちろん、目が原因です。

あだ名は「キョロリン」

つまり、「どこを見ているかわからないヤツ」という意味です。

タイトルとURLをコピーしました