これで決着だ

キャッシング
 

   

※皆さんは、決してマネしないでください。責任はとれません。

 

ゴミ屋敷です。

 

今日は行ってきました。戦場へ。

 

もう後戻りはできません。

 

ここから先は、地獄です。

 

地獄の一丁目に、僕は立っています。

皆さんは、決してマネしないでください。

 

ノブオ:「あのー。はじめてなんスけど、即日ご融資いただけますか?」

店員:「はい大丈夫でございます。お客様、いかほどご入用で?」

ノブオ:「10万円です」

店員:「大丈夫です。これからご来店なさいますか?」

ノブオ:「はい。」

店員:「それでは、身分証明書と、クレジットカードをお持ちください」

ノブオ:「わかりました。」



駅から数分で、その店舗はあった。

駅から数分で、その店舗はあった。

 

 

ノブオ:「さきほど電話した、ノブオですけど・・・」

店員:「お待ちしておりました。それではさっそく、身分証明書と、クレジットカードをお見せいただけますか?」

オレは運転免許証と、クレジットカードを差し出した。

店員:「10万円ですと、この商品と、この商品になりますね。」

店員はパンフレットのようなものを取り出して、指さした。

ノブオ:「わかりました。それでお願いします」

店員:「では、この店を出て、〇〇〇に行って、〇〇してきてください」

ノブオ:「はい」

数分後、オレはその店に戻り、店員に手渡した。

店員は中身を確かめて、

店員:「確認いたしました。大丈夫です。それでは、こちらにご記入ください。現金をお渡しいたします」

オレは差し出された用紙に氏名や住所を書き込んだ。

店員:「それでは、10万円になります」

店員がくれたのは、現金10万円と受領書の控え。

ノブオ:「ありがとうございます」

店員:「2回目からは、身分証はいりませんので」

店員はニッコリと笑って、オレを出口まで送ってくれた。

これで、オレはもう後戻りできなくなった。

クレジットカードによっては、リボ払いではなく、一括返済を求められる場合もある。

また、自己破産しても、免責を受けて、借金をチャラにすることもできなくなる場合がある。

これはオレが考えていた最終手段。

これに手を染めてしまうと、もう後には引けない。

なんとしても、借金を完済しなくてはならない。

オレは覚悟を決めて、銀行にこの10万円を入金しに行った。

 

タイトルとURLをコピーしました