もう時間がない気がするんです

普通の日記




北海道はコロナの第2波が来ています。

 

おそらく、院内クラスターが多発する病院が増えるでしょう。

そして、交通機関での感染も。

母は、整形外科、内科、眼科、歯科、泌尿器科
父は、内科、耳鼻科、泌尿器科

オレは、心療内科、循環器科

オレは月に1回くらいの病院だけど、父母は毎週、何がしかの病院がある。

そしておそらく、交通機関で病院に行っている母が、一番感染率が高い。

母は呼吸器が悪く、喘息持ちなので、医者に普通の肺炎でも死亡すると言われています。

コロナなんてかかれば一発です。

父もコロナにかかったら自分も危ないと口では言っていますが、父が死ぬことはまずないでしょう。昔から見ていますが、彼は鉄人です。

3回ほど車に追突されてる交通事故がありましたが、相手はむち打ちなどの重傷でも、父はケロリとして、次の日も普通に仕事する。そんな男です。

風邪なんてひきません。病気なんて、しません。

1度だけ38度の熱が出て、ものすごく苦しかったらしい・・・

心臓に欠陥はありますが、今は薬で普通に生きれるようになってます。毎日筋トレしてます。オレはしないのに。

中学の頃、友達が家に遊びに来ても、ウチの父親くらいコワイ人に会ったことないと言います。

それくらい、人を黙らせる圧力がすごいというか・・・

ヤ〇ザのほうが合っていたかもしれません。

そんな人の元で、子供の頃からせっかんされてきた僕は、父親への恐怖だけは拭い去れません。

今でも喧嘩して勝てる気がしません。

小学生のころ、僕はサッカーに夢中でした。キャプテン翼が流行っていた頃。

犬も飼っていたので、犬の散歩もかねて、近くの公園に行って、父親とサッカーボールを蹴り合うのですが、父の蹴るボールはそのスピード、威力、なんで?っていうぐらいのボールが飛んでくるんです!

物理学の法則に反しているんです。

オレは助走をつけて、思いっきり蹴って、まずまずスピードと勢いのあるボールになる。のですが・・・

父親は、その場に立ったままで、足を後ろに引き、つま先でチョン。とやるだけ。

それなのに、サッカーボールは僕をめがけて、およそ時速100kmくらいで飛んでくるのです!

ボールの回転も無しに!

あきれます。たまげます。

なんだあの左足は!

で、(父に怒られすぎて)小さなころから父にトラウマを抱いていた僕は、自由にどこかへ住むこともできず、家の周りで一人暮らしのマネごと。

除雪の手伝い。

家は商売をやっていましたから、

「お前は店とこの家を継げ!」

もう、そんな未来でしたよ。子供のころから。

僕も23歳まで、店を手伝っていました。(その後、24歳で営業の会社に就職しました。)

でも、不況になって店が稼げなくなって、閉店しました。

「この家を継ぐ」というのは子供のころから言われていた、僕の使命なので、それはまっとうするつもりです。

ですが、問題は・・・

長くなってきたので、続きは明日書きます。

タイトルとURLをコピーしました