僕が外で働かない理由

働くことについて




ノブオです。

 

久しぶりに自分の名前を思い出した気分です。

いろいろ書きたいこと一杯あって、昨日もA4で3枚分くらいの文章を書いてるんですけど、結局、アップしませんでした。

えーっと、まず、労働について。

僕は死ぬまでネットビジネスに賭けるつもりです。

まぁ、両親がいなくなったら、この家を継ぐんでしょうが、家も土地もなくなるまでネットビジネスに掛ける所存です。

高齢の僕が普通に働いたところで、この家を維持していけません。

だいたい、今でもこの家は、僕の両親のどちらかが欠けたら、維持していけないのです。

それだけ、維持費がかかるのです。

冬場なんて電気代と灯油代だけで一人暮らしの家賃分が、毎月、吹っ飛んでいきます。

隙間風、冬の風呂場は0℃以下、こんな状態で毎日風呂なんて入っていたら、月に10万円くらい、光熱費で飛んでいくでしょう。

それに、ヘトヘトになるくらいの除雪。

朝の6時から9時まで、父と二人でも3時間かかるときもあります。

文章にするのはたやすいですが、はっきりいって、冬は地獄です。

そんな両親を見捨てて、働きに行くことはできません。

は?

って感じでしょ?



僕は両親が死ぬまで、結婚もしないです。

両親も孫の顔を見たいと言ったこともない、孫はいらないと言うし、

僕が働いたら、父は死んでしまうと思います。

心臓の悪い父は、おそらく、冬の除雪の時に、心臓麻痺を起こすかもしれません。

なので前も書きましたが、3回の一人暮らしをしていたときも、僕はこの家の近くに住むしかなかったのです。

僕がまだ若い頃、両親は、今の家を二世帯住宅に建て替えて、夫婦で住んでくれたら・・・みたいなことを言っていました。

僕は50歳。

もう無理です。

こんな息子ですみません。

去年から家計費も入れれてません。

申し訳ないです。

働こうにもうつ病です。

これについてもいろいろと書けるのですが、書いても全てウソつきと言われそうなので、書きません。

機会があったら書きます。

 

ちなみに今の先生は名医で、病院にも医療機器が充実しており、僕の発作が起こったら、ゴツくて、精密な血圧計みたいな、ウソ発見器?みたいなので計測されます。

ものすごくいろいろな数値とグラフが出てきます。

なので、演技は通用しないでしょう。

脳波?とかも測れるみたいです。

ただ話を聞くだけの先生ではありません。

それだけ、書いときます。

 

ちなみに前の主治医の病院は、医師一人に事務員二人だけでした。

医療機器もなにもありません。

医師に向かって2分くらい話すだけ。以上、終了です。毎回。。。

僕のうつ状態がひどくなりはじめたら、

「うちでは手に負えないから、他に行ってくれ」

と言われて来たのが、現在の病院です。

 

そんなわけで、何が働かない理由か、書いていて自分でもよくわからないですが、

僕は、両親のために、既に自分の幸せは捨てています。

両親を看取ったら、一緒に住めるパートナーを探すかもしれません。

自分の幸せだけを考えてたら、若い頃(働いていた20代~30代)の一人暮らしの時に、とっくに東京に出ていたでしょう。

そして結婚して、子供ができて、帰ってこれない。

そんな普通?の未来だったかもしれません。

今はできるだけ両親のそばに居られるよう、ネットビジネスに賭けているのです。

これ以上書いたらまた批判殺到なので、もうこの話はここまでにします。

 

あ、そうそう、一番、両親を安心させることができるのは、僕が結婚して、今の家で嫁さんと暮らすことです。

嫁さんはパート、僕もパート、嫁さんは高齢の母の手伝い。。。

無理でしょ?

そんな人いないでしょ?

わざわざ介護しに、こんな50歳の無職借金オヤジのところに嫁に来る人なんていないでしょ?

まとめると、僕一人働いたって、将来詰む。

なので、今、ネットビジネスに賭けるしかないのです。

そんなこと、ずっとずっと前、10年も前からわかっていたのですが、稼げない自分がいます。

イマココ。

です・・・(´・ω・`)

タイトルとURLをコピーしました