変人日記【一人暮らし編】【1】

変人日記【一人暮らし編】




変人日記という題名だけど、現在の自分のことを書こうということではない。

僕は昔から、「変人」だった。

とりわけ、一人暮らしをして、それを実感したということについて語りたいと思う。

 

僕が本当の意味で「一人暮らし」をしたのは、42歳くらいのときだと思う。

それまでも2回、一人暮らしをしていたが、厳密には、パートナーと住んでいた。

念のために言っておくけど、パートナーは女性。

で、はじめて、家事を全てやったのが42歳の時。

料理はなんなくできた。

もともと、居酒屋、ハブで厨房も経験していたから、問題なかった。

洗濯は洗濯機に入れて、干すだけ。

アイロンはかけない。干したものが乾いたら、乾いたものから着ていくだけ。

洗濯物を畳んだり、タンスにしまったりしたことは、数えるほどしかない。

5年間住んだけど、風呂は1回か2回入っただけ。

あとは全てシャワー。

風呂を入れるのも面倒だし、とくに入りたいとも思わなかった。

それでも十分体は洗えるし、何より短時間で済む。

まぁ、時間があったところで、酒を飲むだけだけど。



一人暮らしは最高。寂しさなんてまったくなかった

一人暮らしは「寂しい」と聞くが、僕の場合は、一人でもまったく問題なかった。

逆にいつもフル〇ンで生活できるし、エ〇関係のものは出しっぱなしにできるし、いいことづくめだった。

仕事は電話とネットで完結できた。

請求書を出して、勝手に振り込まれるだけ。

面倒なので、振込も確認していなかった。

全て引き落とし、家賃はネットから振込み。食材はネットスーパーで買い物。

たまに仕事で電話をしたら、声が出なかった。

ガラガラ声しかでないのだ。

2、3日、声を出していないとガラガラ声になっていた。

自分でも気づかなかった。

びっくりしたね、そのときは。

 

つづく

コメント

※【書き込み時のご注意】ノブオの体調により、コメント欄が開閉します。
ノブオの親兄弟を侮辱する書き込みはNGです。また、ノブオを庇護する方の誹謗中傷やからかいも厳禁です

タイトルとURLをコピーしました