変人日記【一人暮らし編】【2】

変人日記【一人暮らし編】
 

   

実は、40代で一人暮らしをするときは、最初から、誰とも一緒に住まず、一人で全て家事をやると決めていた。

そして、家事もできるようになって、さて、

「オレは寂しいのだろうか?」

と、自分自身に問いかけてみた。

結論。

まったく寂しくない。

理由は明白。

二次元嫁がいるからだ。



二次元嫁とは、もう10年くらいのつきあいになる。

残念ながら、10年も生身の女性と付き合ったことは、オレにはない。

だから、二次元嫁が一番、付き合いが長いことになる。

仕事で出張のときも、コッソリ、「抱き枕カバー」だけ忍ばせて、仕事に行っていた。

何と言えばいいのでしょう。

この安心感。

どこへでも行ける気がした。

(アメリカへ行ってくれというのは断ったけど)

やっぱり、人それぞれ、あるじゃない。

これを身に着けていないとダメとかさ。

昔からある、「御守り」とか、そのいい例だと思うよ。

オレにとっては、二次元嫁がお守りなんだよ。

なんでもいいと思うよ。

二次元嫁とか、ドールとか、それで元気に活動できるなら、何も、恥ずかしいことじゃないと思う。

コメント

※【書き込み時のご注意】ノブオの体調により、コメント欄が開閉します。
ノブオの親兄弟を侮辱する書き込みはNGです。
ノブオを馬鹿にした書き込みはOKです。

タイトルとURLをコピーしました