健康な頃の自分はもう思い出せない【願望】

普通の日記




健康な頃の自分はもう思い出せない

健康な頃っていつだろう?

自分が健康だ!元気だ!って言う頃の状態がもう思い出せない。

僕はうつ病を患って12年になる。

その間、何年か寛解して仕事したけれど、昨年また、12年前の状態に戻った。

幸い、今は薬を増やしているし、病院も変えて、いい先生に診てもらっているので、良くなってきた。

だが、やはり、本物ではないと感じる。

社会に出て働く。

短時間なら、可能かもしれない。

だけど、それをずっと続けるという自信はない。



今日は区役所に行ってきた。

初めて、障害者手帳を提示して、いろいろと職員の方に質問した。

そして、証明書を取ったり、違う窓口に行かなくてはならない事柄があったのだけど、窓口を指示してくれるだけでなく、

なんと、一緒についてきてくれたのだ!

その人はいつも保健福祉課にいる案内人の人で、毎回、話しかけてくれるのだが、きっと、そういう案内役の人なのだろう。

その人の業務だとしても、本当に驚いてしまった。

人に優しくされたのなんて、いつ以来だろう?

オレは本来、性善説を信じていたのだけど、ネットの誹謗中傷の記事などを読んだりすると、それは間違ってたと思わされるほどだ。

人の中にある闇の部分。

笑顔の裏にある悪魔顔。

そんなことはない!

本当は、みんないい人なんだと、オレは今でも思っている。

いや、思っていたい。

ただ、ストレス社会で生きていかなくてはいけない世の中が、人の心を蝕んでいっているだけだと信じている。

 

南国の人は陽気だ。

皆、ハッピーに見える。

沖縄の人は、人の子供でも自分の子供のように接すると言う。

つまり、隣人がファミリーのようなものなのだ。

日本全体が、昔のように、そんな人々に戻れるように、なって欲しいと思う。

コメント

※【書き込み時のご注意】ノブオの体調により、コメント欄が開閉します。
ノブオの親兄弟を侮辱する書き込みはNGです。また、ノブオを庇護する方の誹謗中傷やからかいも厳禁です

タイトルとURLをコピーしました