カテゴリ移動します【自称ヤ〇ザとのエピソード1】

ノブオエピソード
 

   

ノブオです。

お酒飲んでます。

またカテゴリ移動します。

長年お世話になった無職カテから、自給自足、家庭菜園等のカテゴリへ移動しようと思います。

無職ですが厳密ににはオレは自営業者。自営業の届け出も出している。

ただ、収入の極端に少ない自営業だ。

そして今、農業の道にハマリ、1つの作物も収穫できていないのに、自給自足とのたまいているアラフィフだ。

ネットビジネスで借金を返して、自給自足。

これがオレの夢であり、目標だ!

あぁ、すばらしきかな、我が人生!

紆余曲折もあったけど、いや、これからも紆余曲折かもしれないけど、来年50歳のオレ、もう人生の後半戦の真っ只中。



これからは好きなことをやって、自由気ままに稼いで生きていく。

二次元嫁と夢の国から帰ったあと、朝日とともに小鳥のさえずりを聞き、農作業に出かける。

朝9時には農作業を切り上げ、24時間スーパーへ行く。

魚介類、肉類、麺類の見切り品を買う。

豆腐は長持ちする物を買って、家に戻る。

買いだめした見切り品は、冷凍庫へ。

しばしコーヒーなどで休憩の後、農作業再開。

夕方まで作業して、シャワーを浴びて、一杯飲んで、二次元嫁と夢の世界へ。

夏は一人でお庭でBBQ。お庭でキャンプ。

ぼっちの道を究めたオレは、居酒屋でも知らないスナックでも一人でレッツゴーだ。

そうそう、去年だったかな?こんなことがあった。

自称ヤ〇ザのおじさんと初対面でタメ口で話すノブオ

ある日曜日、オレはどうしても外で酒が飲みたくなり、最寄りの繁華街へ向かった。

日曜日は定休日の店がほとんど。スナックやキャバクラなどもやっていない。

しかし、どうしても外で飲みたいオレ。

「もうどこでもいいや」

と思って、閑散としているビルの最上階までエレベーターで昇り、階段で上の階から下の階まで、かたっぱしからビルを散策した。

スナックの行燈は全て消灯している。

というか、やっている店はない。

が、あったのだ!

もうないだろうと諦めかけていたその時、行燈の点いているスナックが!

もちろん、一度も入ったこともない店。

スナックはどこもそうだが、外から店内は見えない。

木製のドアが、まるで会員のみお入りくださいと言っているようだ。

だいたい、スナック等の飲み屋は、広告を見ていくか、職場の人や友人に連れて行ってもらって、通い出すのが普通だ。

行ったことのない店に、それも情報もない店に一人で行くなんて、ヤ〇ザとノブオくらいだろう。

ガチャ!

スナックのドアを開ける。

緊張の一瞬だ。

つづく

コメント

※【書き込み時のご注意】ノブオの体調により、コメント欄が開閉します。
ノブオの親兄弟を侮辱する書き込みはNGです。
ノブオを馬鹿にした書き込みはOKです。

タイトルとURLをコピーしました