【自称ヤ〇ザとのエピソード2】

ノブオエピソード
 

   

木製の重たいドアをガチャッと、開けると、店内の様子が見えた。

想像していた通り、薄暗い店内。

カウンターとボックス席。

客は常連と思しき男性が1人に、黒いワンピースを着たカウンターレディが2人。

まずは一般的に、よくあるスナックといったところだろう。

ママ「いら・・・しゃいませ?」

といいながら、こちらに近づいてきた。

ママ:「はじめて・・・ですよね」

ノブオ:「はい」

ママ:「当店は60分で3980円でビール、焼酎、ウイスキーの飲み放題ですけど、いかがいたしますか?」

ノブオ:「じゃあ、それで」

ノブオはママに促されて、カウンターの席に座った。

若い男性の席から1つ席を置いて、右隣りの席だ。

女性店員:「何がよろしいですか?」

ノブオ:「じゃあ、ビール」

女性店員がグラスにビールを注いでいる間、店内に短い沈黙が流れた。

女性店員:「ここははじめてですか?」

ノブオ:「はい。日曜日はどこもやってなくてね。開いてるところに入ったんだ」

若い男性:「日曜日はどこも休みですからねぇ・・・」

ノブオ:「そうなんですよね」

人懐っこい、なかなか気のよさそうな青年である。店の常連客なのだろう。

常連客を見れば、だいたいの店の雰囲気がよかるというものだ。



この店は、普通に、よさげな店のようだ。

何杯が飲んで、その青年ともある程度親しくなったころ、店のドアが開いた。

初見さんなのだろう。

ママがオレのときと同じように商品説明をして、いるのが聞こえる。

入ってきたのは、上下赤いパーカー姿の初老の男性。頭には少々毛がある。

ガニマタで店内に入ってきた。

若い男性の左、席を一つ置いて、そこに座った。

カウンターに客が3人。

日曜日の早い時間といったら、どこのスナックでもこんな感じの風景なのだろう。

人懐っこい青年が、赤いパーカーのおじさんに声をかけた。

若い男性:「お兄さん、はじめてなんですか?」

お兄さんって歳?、おそらくこの若い男性は、接客業か、それとも場慣れした人なのだろう。

でも、パーカーおじさんはお兄さんには見えないぞ。

パーカーおじさん:「そう。はじめて」

彼がそう言ったので、オレも話に割って入った。

ノブオ:「あ、オレも初めてっすよ。ここしかやってなかったんで」

パーカーおじさん、ちょっとオレと目を合わせたけど、無視。

パーカーおじさん:「日曜日どこもやってねぇからなぁ。サービス業なんだから、一斉に休む必要なんてねぇのによ」

と、ママに話しかけた。

ママ:「そうなんですよねぇ」

パーカーおじさん:「のんべぇはいつでも飲みたいってものさ。オレもちょっと前は若い衆連れて、毎日飲み歩いていたよ。寂れちまったな、最近は」

オレは思った。

ははーん。このタイプか。

一人で知らないスナックに入ってくるヤツなんて、大体、得体の知らないヤツだから、店員もちょっと緊張する。

どんな人間かを会話で探っていくのだけど、この人は、自ら自分が何者なのか、話したがっているようだ。

つづく

コメント

※【書き込み時のご注意】ノブオの体調により、コメント欄が開閉します。
ノブオの親兄弟を侮辱する書き込みはNGです。
ノブオを馬鹿にした書き込みはOKです。

タイトルとURLをコピーしました