キャッシングの危険な真実

キャッシング
 

   

※自己責任で、読んでください。実行する人も当方では一切の保証はできません。

 

 

 

 

どうも。ノブオです。

お酒飲んでます。

ja〇〇nも借金返す気ないのなら、日本人として、オレも借金返さないかなと思っているノブオです。

さて、オレの生活費はキャッシング。

最近は細部まで紹介しないことにした。

面倒だし、疲れる。

オレは自転車操業をしている。

キャッシングとショッピングのだ。

ちなみに、キャッシングは総量規制があるが、ショッピングは総量規制がない。

収入が高い時にカードを作って、ちょっと使えば、すぐに限度額が上がる、ショッピング枠もキャッシング枠もだ。

ちなみに、収入が下がって停められるのはキャッシング。

ショッピング枠に総量規制はない。

つまり、500万円のショッピング枠を一度確保したら、500万円、買い物ができる。

そういうカードが5舞あれば、しめて2500万円のショッピングが可能だ(理論的に)。

買い物して、いろいろな換金方法を使って銀金化して暮らせば、あとはいくら借金が膨らもうが、寿命の方が先に来るわけだ。

一番いいのは、利息だけ返して、クレジット会社も儲かる。元金は返へらないのだから。



大体、80代まで自転車操業できれば勝ちだろう。

まぁ、なかなか難しいけどな。

貯金なんていくらしたって不安だぞ?

2000万円貯金が有ったら、一生安泰か?

今の日本の不況でのニュースを聞くたびに、不安になるだろう。

「カネ」というのは不安と絶望を生み出し、欲望の達成の力になるものだ。

まぁ、ほとんど魔力だね。

一発当てて収入が上がった年が有ったら、最低3枚はクレジットカードを作って桶。

これで、未来に当然のように訪れる窮地は、当分しのげるぞ。

自己責任でな。

コメント

※【書き込み時のご注意】ノブオの体調により、コメント欄が開閉します。
ノブオの親兄弟を侮辱する書き込みはNGです。
ノブオを馬鹿にした書き込みはOKです。

タイトルとURLをコピーしました