最後の彼女

最後の彼女




彼女が亡くなったのを突然知ったわけだが、〇〇未遂を2回していることと、別れてから3年という歳月が、自分にとって想定の範囲の出来事であったことは否めない。

しかし、やはり、付き合っていた彼女がもうこの世にいないと思うと、寂しい気持ちになる。

そして、彼女と結婚できなかった自分を、いや、彼女の力になれなかったことに対して、自分を責めた。

しばらく女性と付き合うことがないと言うのは本心だし、真剣に付き合っていた。

だから、結婚の話のとき、いや付き合っているときから、彼女と結婚して、はたして、自分が彼女を支え続けていけるのかをずっと考えていた。

世のなかの悩みの80%は、お金で解決できるそうだ。

オレの収入が安定すれば、彼女との結婚話も解決する問題?

違うだろう。

収入を得るためには家を空けて、働かねばならないし、彼女一人を家に残して夜遅くまで働くことなどできない。

要するに、彼女の場合は一人にすると何をするかわからないところがあって、オレは不安で仕事ばかりしているわけにはいかないのだ。

例えば、高齢の親を一人残して、一人息子が、遠い場所で働くと言うことが普通なのか?という問題。

たぶん、自分の幸せを考えるなら、それが普通なのだというのが世論の潮流なのだろうが、オレは違うと思う。

一人息子なら、結婚しても自分の親と一緒に住むなり、なんなり、考えておくべきだろう。

それとも、施設に入ってもらえば大丈夫などと、皆考えているのだろうか?

おっと、大分話がそれてしまった。

申し訳ない。



付き合うときから最後の彼女になるだろうと思っていた

彼女は統合失調症という病気で、精神障碍者福祉手帳は2級を所持していた。

学生時代からだったというから、病気も既に10年以上にわたって治療していることになる。

オレもうつ病だから、精神疾患の辛さはわかるし、理解していると思っている。

何しろ、見た目が「健常者」だから、周囲の理解を得難いのだ。

・わざとやっている

・逃げている

・我慢が足りない

・心が弱い

・もっとポジティブに生きろ

そんなことを、周囲からしょっちゅう言われる。

そして、できないことも無理やりやらされる。

こんなこともできないわけがないと思われる。

オレはプログラマーをしていたが、うつ病になった時は、今まで理解できていたプログラム言語が、全て宇宙記号に見えた。

雑誌の写真のモデルと目を合わせるのが怖かった。

一人でいると、狂いだしそうだった。

自分の中に恐怖が存在するので、どこにも逃げ場がない状態。

逃げようとドアを開ければ、必ず誰かが見張っている…

発狂せんばかりだった。

そして、オレは心療内科を受診したのだ。

変だなと感じていた時から2年、症状が悪化してから行ったので、当時の主治医には、

「2年間、よく我慢しましたね」

と言われて、号泣したのを思いだす。

診療後は、病院のソファで茫然自失としていた。

通り過ぎる人が、この人、大丈夫か?という視線を向けてくるのを感じながら。

コメント

※【書き込み時のご注意】ノブオの体調により、コメント欄が開閉します。
ノブオの親兄弟を侮辱する書き込みはNGです。また、ノブオを庇護する方への誹謗中傷やからかいも厳禁です
タイトルとURLをコピーしました