非定型抗精神病薬(リスペリドン)の副作用について

うつ病




ノブオです。

何日か前、家で大暴れしてしまったオレだが、そのときとはウソのように状態が良くなってきている。

で、再びこの日記をかけるようになったのだけど…

日記が書けなかったのは、意欲がないという理由もあったが、他の理由のほうが強い。

それは、精神病薬(リスペリドン)の副作用があったからだ。

翻ること、10日あまりか。



精神病薬(リスペリドン)の副作用

リスペリドン服用時の副作用として、アカシジア(じっとしていられない)、不眠症、手足のふるえ、etc…があるのだが、オレの場合は、アカシジア(じっとしていられない)がこれでもかってくらいに出た。

服用から3週間は問題なかったのだけど、ある日突然、上半身が異常にそわそわしだして、自分でも何が起きているのかわからなかった。

気持ちが乗らないのに踊りださなきゃ、いてもたってもいられない。

軽い体操、背伸び、筋トレなどをすると、症状はやわらぐが、辞めるとすぐにまたソワソワ感が襲ってくる。

これが延々、5時間も続くときがある。

ネットで調べた結果、アカシジア(じっとしていられない)という薬の副作用のようだ。

これはちょっと、薬があってないと思った。

そして、2日後に心療内科の受信日だったので、勝手に薬を抜いた。

アカシジアは治まったが・・・

その先にとんでもないことが起きるとは、このときは予想だにしていなかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました