救急車で緊急搬送。緊急入院してましたt【緊急入院1】

緊急入院




どうも。ノブオです。

お久しぶりです。

風呂上がりのお酒飲んでます。

長らくブログを書いていなくて、すみません。

ご心配おかけして、誠に申し訳ありません。

6月20日から一週間くらいは、何もやる気がせず、二次元嫁と万年床でゴロゴロしていたのですが、次の日から体の節々が吊つるようになり、次の日、全身の筋肉が吊って、動けなくなった。

呼吸も徐々にできなくなっていき、母の酸素ポンペを応急的に使う。

歩くこともできず、寝ることもできず、呼吸も苦しくなっていく。

「絶対にこれはヤバイ。横隔膜の筋肉まで吊ってしまったら、もうオレは死ぬのだろうろ」

そんなことが脳裏にかすめた瞬間、母に救急車を呼んでもらうことにした。

そのときのオレはパンツ一丁。

しかし、服など着ることもできないのだ。

なんせ、全身の筋肉が硬直しており、脚を曲げることさえできない。

母の酸素ボンペをしてようやく呼吸が楽になってきたころ、救急隊が到着。

「全身に汗、熱中症の疑いがあります」

と、救急車に運ばれ、受け入れ先の病院を探してもらう。

一件目、駄目。

二件目、駄目。

そうか、こうやって、受け入れ拒否が続くのか・・・

と、思っていたら、付き添いの母が、自分の通っている病院はどうでしょう?と、救急隊員に言ってくれた。

結果は、受け入れOK。

オレは初めての救急車にのって、病院に向かった。

つづきます。

コメント

※【書き込み時のご注意】ノブオの体調により、コメント欄が開閉します。
ノブオの親兄弟を侮辱する書き込みはNGです。また、ノブオを庇護する方への誹謗中傷やからかいも厳禁です
タイトルとURLをコピーしました