IT業界、50代は過去の人?

普通の日記




どうも。ノブオです。

お酒飲んでます。

 

自分は長らくIT関係に身を置いていました。

おそらく、一番長いのがIT関係でしょう。

このブログを読んでいる一部の方は知っているかもしれませんが、かつては自分で会社を経営していました。

 

まぁ、そんな過去のことはどうでもいいんです。

50になってしまった今、どうするか?が問題なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

50代からIT関係はやれる?

IT関係は昔から「35歳定年説」というのがあります。

35歳を越えると脳の働きが鈍り、新しいことを覚えられなくなるという仮説からでた言葉ですが、一概、間違いとも言えないのです。

僕が30台でまだバリバリIT関係にいた頃、入ってきた40代の人がいましたが、やはり覚えも悪く、1つの処理を組むのにも時間がかかり、しばらくして退職して行きました。

 

そして今、僕は50歳ですが、あきらかに頭の働きが悪くなっています。
(アルコールせいと言うなかれ)

プログラムなどのIT関係というのは、非常にセンスも重要です。

芸術家までとは言いませんが、ある程度学んでいくと、「この時はこの処理」「これはかつてやった処理を追加すればいいかも」と、自然と頭に自分が今すべき行動が浮かんでくるようになります。

プログラマー、コーダーの場合はそれをコードにすればいいだけで、極端な話、頭の中でプログラムは既に出来上がっているのです。

この「ひらめき」が、歳と共に鈍り、脳のこともありますが、できない人間となっていくのでしょう。

そうならないためには、日々の鍛錬は必須です。

まず、ITが大好きじゃないと、年とってもできません。

古い知識はもちろん把握、新しいことにも貪欲に、いつまでも勉強する姿勢が必要です。

 

と、いっても僕ももうできる自信はありません。

前回は勉強すると書きましたが、どうなるものか・・・

 

また書きます。

コメント

※【書き込み時のご注意】ノブオの体調により、コメント欄が開閉します。
ノブオの親兄弟を侮辱する書き込みはNGです。また、ノブオを庇護する方への誹謗中傷やからかいも厳禁です
タイトルとURLをコピーしました