「もう生活保護しか道はないかもしれませんね」

普通の日記
 

   

※汚い話も含まれています。お食事中の方は読まないでください。

 

ノブオです。お酒飲んでます。

 

深夜のお酒便です。

最悪でした。

本日は、本当に最悪でした。

昨日、日本酒をガブ飲みしても眠れず、ほぼ一睡もせずに午前6時。

父親が既に起きていたのだが、妙に除雪に出る時間が早い(いつもは6時半ごろ除雪を始める)と思ったら、外はとんでもなく雪が積もっていた。

推定30cm、昨日の夕方は20cmくらい降ったようなので、所によっては50cmくらい積もっている場所もある。

 

「マジかよ~。頼むよ~」

 

もう半泣き状態でオレも除雪を始めたのだが、途中で吐き気をもよおし、家に帰ってリバース5回。

そして、うつの発作。泣き状態て除雪再開。

この除雪が朝の8時半までかかり、本日の心療内科はキャンセルすることにした。

とてもじゃないが、こんな状態で心療内科になんか行けない。

 

で、フラフラになりながら家に入ると、再び発作開始。

床に倒れ込んで号泣。。。

母親:「なんでそんなに泣くのかね・・・」

ノブオ:「うるさい!黙ってろ!これが病気なんだ!」

オレは強い口調で母親に言った。

母親は大きなため息をつき、オレは体に力が入らず、倒れ込んだままだった。

除雪による体力的な疲れと、昨日のショックによる精神的な疲れで、体を1ミリたりとも、動かすことができなかった。

だんだん発作がひどくなり。

もうキ〇ガイ状態の号泣。

母親がティッシュの箱を持て来てくれた。

が、腕も満足に動かすことができないので、

「もうちょっと、こっち!」

と、ティッシュの箱ごとオレの近くに寄せてもらい、なんとか鼻水と涙を拭く。

今日は朝9時30分から心療内科の予約が入っているが、この状態ではとてもいけない。

自分でキャンセルの電話をすることもできる状態じゃないので、母に心療内科に電話してもらって、キャンセルした。

それからも、発作は一向に収まらず、しばらくして父親も家に入ってきて、

「大丈夫か?」

と声をかけてくれた。

「薬持ってきてやれ」

母は二階から薬をもってきてくれた。

二階の万年床は、オレが二次元嫁とイチャイチャしたままになっているが、そんなことを気にしておれない。

デパス1.5mgを飲んで、なんとか落ち着いてきた。

 

「実家を出て、生活保護を受けるしか道はないかもしれませんね」

 

昨日の社会保険事務所?の人の言葉が頭をよぎる。

 

実家を出るといったって、どうするのだ?

 

無職無収入のオレが部屋なんぞ借りれるワケないだろう。

 

借金はどうする?

もう、頭がパニックです。

また書きます。

 

タイトルとURLをコピーしました