障害年金の診断書と今日の診察

うつ病
 

どうも!ノブオです!

 

お酒飲んでます!

本日は心療内科の通院日。

3時間待ちを覚悟していたところ、なんと、心療内科についたら、5分もしないうちに呼ばれた。

こんなこと、初めてだ!

と、喜んで診察室へ。

最近は予め、主治医に伝えることをPCで書いておき、印刷して持って行っている。

おそらく、皆さんも経験があると思うが、いざ診察室に入ったら、自分の病状をうまく言えなかったということを。

なので、オレは主治医に伝えたいことを「そのまま」文章にしてプリントアウトして、主治医の前で読み上げるようにしている。

 

こんな感じ

別にプリントアウトしなくても、スマホでもいいと思う。

日常の細かいできごとや、現在の状態などを記録して、心療内科に持っていったほうがいいだろう。

で、本日。

プリントアウトした病状記録を持って言って、それをもとに話をした。

そうしたら、主治医もご高齢なので、診断書についてのことはあまり覚えていないらしく、ケースワーカーの女性を呼んで、再び診断書について話をした。

そこで、診断書の「お金の使い方」の欄のみ、変更になった。

要するに、オレはギャンブル依存症で、カッとなって、使ってはいけないお金まで使うというところだ。

ギャンブル依存症や、ギャンブルで借金を返そうとしている人は、ほぼ、ギャンブル依存症の病気なので、一度、病院にかかったほうがいいかもしれない。

で、人のことを言えないオレもそのクチなので、その部分だけ変更になって、更新した診断書をもらってきた。

これで障害年金を申請して、落ちれば落ちたで、また考える。

まぁ、オレは落ちると思っている。

その理由はまた、明日にでも書こうか。

それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました