ノブオの女性歴(出会い)

ノブオの女性歴(出会い)

ノブオの恋愛遍歴【第8話】

彼女:「今日は、泊っていくんでしょ?」 彼女はほんのりと頬を赤らめながら言った。 ノブオ:「いいの?」 彼女:「うん」 彼女は立ち上がって、後ろのふすまを開けた。 瀟洒なマンションだけど、リビングの隣は和室っていう...
ノブオの女性歴(出会い)

ノブオの恋愛遍歴【第7話】

そう言って彼女が冷蔵庫から取り出したのは、何か緑色の物が入ったプラスチック製の四角いパック。 中に水が入っているようで、緑色の物体が、ゆらゆらと揺れていた。 彼女:「これ」 彼女がパックのフタを開けると中には「枝豆」が入ってい...
ノブオの女性歴(出会い)

ノブオの恋愛遍歴【第6話】

ノブオ:「待っていてくれたんだ」 彼女:「当然でしょ。迷ってたら困るし」 彼女はガウン姿だった。 乱れたガウンから露になっている肌。なんとういう色気だろう。 こんな人がマンション内で歩いていたら、妻帯者でも声をかけたくな...
ノブオの女性歴(出会い)

ノブオの恋愛遍歴【第5話】

午前10時、オレと彼女はホテルを後にした。 帰りのタクシーの中で、彼女は言った。 「次、会うときは・・・私の部屋に来ない?」 「えっ?」 あれだけオレを部屋に呼ばなかった彼女が、どういう風の吹き回しだろう。 オ...
ノブオの女性歴(出会い)

ノブオの恋愛遍歴【第4話】

オレは彼女の次の言葉を待っていた。 妊娠したっていうことは、子供を産んだか、それとも・・・ 彼女:「彼がね、子供は欲しくないって言ったの」 オレはそのまま缶ビールを見つめていた。 正直、なんて言えばいいのかわからなか...
ノブオの女性歴(出会い)

ノブオの恋愛遍歴【第3話】

彼女はふらつきながら、オレの乗っているタクシーに近づいてきた。 オレはシートの奥に座り直し、タクシーのドアが開き、彼女が乗り込んできた。 ノブオ:「運転手さん、南7条あたりに」 運転手:「はい」 彼女:「ふぅ・・・・...
ノブオの女性歴(出会い)

ノブオの女性遍歴【第2話】

どうも!ノブオです! お酒飲んでます。 これからはいろいろなジャンルをこのブログに取り入れていきますので、第〇話という形でタイトルを付けたいと思います。 探したんですけど、カテゴリー別にページ遷移できるワードプレステーマが...
ノブオの女性歴(出会い)

ノブオの女性遍歴【第1話】

どうも。ふたたびノブオです。 I'll be back. シュワちゃんのターミネーターは最高ですよね! 未だに、関連動画とかに出たら、見ちゃいます。 ちなみに、僕、個人としては、サラコナークロニクルズもオススメです。...
タイトルとURLをコピーしました